教育資源管理運営センター

教育資源管理運営センターの役割

情報通信技術(information and communication technology: ICT)を活用した教育は、低コストで効果的と言われており、高度で専門的は知識を集約し、有用な教材を広く学生に提供していくことが可能となります。アメリカの獣医学部協会(Association of American Veterinary Medical Colleges: AAVMC)による、教育資源をWebサーバ上で共有する取り組みなど、世界的にもICTを活用した高等教育のオープン化が進んでいます。現在日本でも、医歯薬学系を中心としてICT教育の試みが始まっていますが、獣医系大学で運用されているところは少なく、専門的知識を必要とする獣医師の育成には、複数の大学が所有している様々な学習資源にアクセス出来る教育環境が重要だといえます。 ICTの活用には、具体的な技術サポートをするためのスタッフが不可欠であり、専門スタッフによる管理・運営が円滑に進むことで高い教育効果が期待できます。ICTコンテンツとして卒後教育のニーズにあわせた教材の提供ができれば、ICTを活用した教育はより一層、利用価値の高いものとなります。こういった教材作成を充実させるためには、大学だけでなく、農林水産省、厚生労働省、環境省などの枠を越えた教育体制の構築が必要になってきます。本事業では、複数の大学、省庁、関連機関が協力した獣医学ICT教育システムの構築を目指します。

VET4UでのICTコンテンツ