概要

平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」選定取組
グローバル社会を担う次世代型獣医学系大学教育機構の構築

取組大学:東京大学(代表校)、日本大学、日本獣医生命科学大学、麻布大学

最近、特に海外で国際的通用性をもつ獣医師養成教育の質保証システムが提唱され、我が国でもその対応が急務となっています。この教育事業は、我が国の獣医学生の37%が在籍する関東地区の4獣医系大学と、この地域の研究・行政機関が連携して、新しいコンセプトの次世代型獣医学系大学教育機構を構築することを目的とするものです。本事業では、情報通信技術(ICT)を活用して、各大学や連携機関のもつ教育コンテンツをアーカイブ化し、新設する教育資源管理運営センターに蓄積するとともに、共通化教材による効率的な教育システムを構築します。また、学生や教員の移動が可能な立地条件を活かして交流授業を行うほか、各大学に特色あるスキルラボを設置して学生の技能習得と向上を図り、生命倫理を重視する動物医学の修得に不可欠なFace-to-Faceによる実践的な教育を充実させます。これらにより、獣医学教育の質保証を担保するとともに、グローバルに活躍できる人材の育成をはかります。

教育資源管理運営センターの役割

詳しくはこちら

Vet4uにおけるICTの活用

現代ニーズに応える獣医系人材育成の為には、多様に変化する環境に対応できる高度な、そして最新の専門知識を集約し、それを学生に伝えていくことが重要となります。膨大な最新情報を提供していくには、ICT技術を用いたオンデマンド型の先進教育環境整備が急務と考えられます。
今回の取り組みにおいては、大学、研究機関が最新の研究・教育資料を自発的に共有可能と出来るような「情報共有システムの構築」を目指しています。実現すれば、学生はオンデマンドで、通常のPC、あるいはiPadの様なモバイルデバイスでいつでも電子教科書、大量の研究スライド、演習問題など、最新で膨大な情報にアクセスが可能となります。このシステムは、教員と学生のコミュニケーションツールとしても有用なはずです。
従来このような取り組みは、教育機関の限られた予算や運営体制では実現が困難でしたが、低価格モバイルデバイスと汎用的で利便性の高い新しいICTソリューションの登場で実現可能な時代に入った気がします。
グロバリゼーションの流れの中で、今後これらICTソリューションを用いて、更なる高度な教育体制整備を構築して行きたいと考えています。

連携事業代表: 尾崎博